» オンライン英会話のブログ記事

今年こそは英会話を勉強したいと思い、今話題のオンラインスクールを体験してみることにしました。

沢山ありますが、まず料金があまり高くないこと、また1日2回などのレッスンは時間的に無理なために、チケット制があることなどからまずA社を体験してみることにしました。
講師は全員フィリピン人の女性ですが、サイトの口コミを見ると評判も良いみたいなので、ドキドキしながら体験予約画面へ進みました。
先生の顔写真つきプロフィールや出身大学、年齢などが載っています。
中には動画つきの先生もあり、とりあえず時間が合い、きちんと指導してくれそうな感じの方を選んで、早速スカイプでアクセスしてみました。

私が選んだオンライン講座は先生は事務所に出社するのではなく、どうやら自宅でレッスンをする方式みたいでした。
先生が画面上に現れて驚きました。
どうやらお風呂に入っていたみたいで、髪をふきながら「ハロー」と話しかけてきます。
よくよく聞いてみると、セブ島に住んでいる方のようで南国の雰囲気の壁がバックに映っていました。

sebu

早速、レッスンスタートです。
フリートークなので、簡単な自己紹介、セブ島には行ったことがあるか、日本について、英語でどんなことを勉強したいか、テキストのおすすめ等、話が続きました。

あっと言う間の25分でしたが、楽しくレッスン出来たと思います。

 

オンライン英会話を初めてしばらく経ちますが、自分なりの講師の選び方がはっきりしてきました。
ずばり講師を選ぶポイントはどれだけ私の言葉を待って聞いてくれるかです。

正直、オンライン英会話の講師は、初回のレッスンこそこちらの話を誰でもじっくりと聞いてくれますが、
お互いに慣れてくるとどんどんスピードはアップし、講師が主体となって話し始めます。

レッスン時間のうち、8割は講師が話していて、こちらはそれを必死で追いかけるといったことが少なくありません。

そもそも私がオンライン英会話を始めたのは、リーディングでも、リスニングでもなく、スピーキングのために始めたのですから、私が2割しかしゃべらないのでは勿体ないような気がしてきました。

ですから私が逆に8割しゃべり倒すくらいが理想なのですが、まずは5割ずつくらいの割合になるようにしたいと思います。

それには自分から私が5割話すと相手に伝えることが必要だと思います。
正直、こういうのは何となく頼みづらいのですが、当初の目的を守ることが英会話上達への道だと思います。

次回のレッスンでは、必ずそれを伝えて自分が主体となって話すということに挑戦していきたいと思います。
きっと自信がつくはずです。